サークル規約

1.クラブの趣旨

新たなバイク仲間を作る場として、また仲間同士が尊重しあってツーリングを楽しむ場とする。

当クラブでのツーリングにおいては、「安全無事に帰宅するまでがツーリング」を念頭に置き、無茶な走り方やすり抜け等はしないようにする。


2.禁止事項

クラブメンバー、ツーリング先の方への迷惑・不快に思われる行為と発言。

クラブ内で知り得た個人情報を本人の許可なく流用すること。

定例ツーリング(非定例ツーリングは除く)の日程に被せて、個人的なツーリングをメンバー同士で行うこと。

他のクラブやその他宗教等の団体への勧誘行為。


3.車種について

排気量150cc以上のバイクであること。

※スクータータイプやトライク、極端なローダウンや旋回性能に難のある車両、公序良俗に反するカスタムの車両は原則お断りしております。


4.ツーリング参加時の注意事項

1. 軽装備での参加はご遠慮下さい。(なるべく肌の露出の少ない服装)怪我等は自己責任で処理して下さい。

ブーツ・グローブ・長袖長ズボンは法律上の決まり?バイクに乗るときの服装を再確認してみよう! | Motorz(モーターズ)- クルマ・バイクをもっと楽しくするメディア -

バイク愛好家であれば、バイクに乗る時は安全な服装や装備を身につけたいところ。しかし、これから暑くなるにつれ、ついつい軽装になることもあると思います。そこでビギナーからベテランまで、バイクに乗るときに適切な服装やライディングギアを、今一度確認してみましょう。 出典: バイクで公道を走る時の基本的な服装の決まりをおさらい Photo by Aberdeen Proving Ground YouTubeなどでバイク走行をしている動画を見ていると、半袖半ズボンの軽装、中には水着で乗っている方なども見かけます。 しかし我々が住んでいる日本では、バイクに乗るときの安全装備や服装で定められている部分がいくつかあるのですが、法律で定められているところや、そうでないところなど把握できていない曖昧な部分も多数。 そこで、今一度バイクに乗るうえで適切な服装や、法律上の決まりなどをおさらいしたいと思います。 ヘルメット装着は義務!バイクに乗るうえで適切なヘルメットとは 出典: バイクに乗るうえでヘルメットの着用が義務だということは言うまでもありませんが、一概にヘルメットと言っても『道路交通法』で定められた以下の基準を満たすものでなければなりません。 ・上下左右で十分な視野を得れること ・風圧で、ひさしの変形や垂れて視野を妨げることのない構造であること。 ・ヘルメットを着用して著しく聴力が損なわれないこと。 ・衝撃吸収性や耐貫通性があること。 ・ヘルメット着用時に、衝撃で脱げないための固定できる顎ひもがあること。 ・重量が2kg以下であること。 ・人体を傷つけるおそれがある構造でないこと。

Motorz(モーターズ)

2. 自賠責保険、任意保険に加入している車両で参加して下さい。

※任意保険に加入していないことが判明した場合、その場で参加をご遠慮いただきます

3. メンバーは必ずライダー安全カードを持参して下さい。(出発時に確認します。)

※ライダー安全カードは下記の画像を印刷の上財布やバイクのシート下等へ保管してください。

引用元

4. 必需品(免許証、安全カード、費用、携帯電話、工具等)その他は各自で判断し持参して下さい。

5. 飲食費、燃料代、道路通行料金や駐車料金など、必要な費用は各自で決済して下さい。

6. 自宅から集合場所まで、解散場所から自宅までの移動は基本的に各自で行って下さい。

  集合場所は都心から少し離れた高速道路のPA/SA、解散場所は現地から少し移動した場所になることが多いのですが、土地やバイクに不慣れなため1人で移動するのが不安な場合はおっしゃってください。

7. はぐれたり、トラブル等(事故)にあった場合は直ぐに連絡して下さい。トラブルに関しては当人が対処しましょう。

  (但し、他の参加者は出来得る限りの協力をしましょう。)

8. 走行時のペースは周囲の交通状況に合わせ先導係が調整しますので、それに従って下さい。

  先導係は峠道など運転が不安な場面では、特にゆっくり安全なペースでの走行を心がけて下さい。

9. 走行時は基本、千鳥編隊ですが狭い道に入ったら縦列編隊で必ず車間距離を多めにとって下さい。

※千鳥走行については以下のページを確認ください。↓

10. ツーリングの行程は予めホームページに載せていますがあくまでも素案です。途中で拠りたい/拠れそうな場所があれば遠慮なくおっしゃって下さい。柔軟に変更対応します。

11. 解散後、帰宅されたら必ずメール・LINE等で連絡を下さい。(安否確認)

12. 定例ツーリングの行程は基本的にリーダーが毎月実施日の遅くとも5日前までには企画・発表します。リーダーでなくても企画できますので、行きたい場所をおっしゃっていただければ検討いたします。


5.免責注意事項

メンバー同士のトラブル(事故等)は当事者同士で処理して下さい。(但し、円滑に処理する為に仲介に入る場合がありますが責任は負いかねます。)

当クラブへの未成年の加入は、必ず家族等の了承を得てからにして下さい。入会後のトラブル等の責任は一切負いかねます。 


6.入会・退会について

入会の前に必ずお試しでのツーリング参加をお願いしています。

入会後は連絡を取り合うため、クラブのLINEグループに入っていただきます。

退会は自由です。

3ヶ月間、音信不通の方は退会とさせて頂きます。

※音信不通の定義は、定例ツーリングの参加不参加のアンケートに3ヶ月返答が無い場合を指します。

 たとえ不参加でもアンケートに返答いただければ在籍の意思があるとみなしますが、返答すらいただけない場合にはもはや当クラブが踏み入ることのできない事情があるものと判断し、一方的に退会措置をとらせていただきます


7.その他

ツーリングの参加は強制ではありません。仕事や家庭の都合で暫く参加できない旨をお伝え頂ければ6-4の項目にも該当致しません。

お試し参加、メンバーの方で規約に不適当と感じる方がいた場合は、私の方から話をさせて頂き、改善が見られない場合はクラブへの入会拒否、退会処置をさせて頂く場合がございます。

主体となって効率的にツーリングを企画・進行しクラブを運営する目的で、リーダー・サブリーダーの役職を設けます。尚、クラブの運営上やむを得ない場合を除き、上下関係を示す目的はございません。

年齢差から生まれる序列を例外的に除き、上下関係を特に認めません。礼儀をもって互いに尊重し合い、バイクを楽しみましょう。

クラブ規約は必要に応じて適宜改定するものとします。


Ver.1.1.4β 2020年6月14日改訂